トップ
来院・入院の方へ
病院について
病気と治療
自己診断チェック
診療時間
アクセス
採用情報
サイトマップ
Facebook

092-962-2111

病気と治療について

加野病院の診療についての紹介です。

腎盂尿管癌

どんな病気?

腎盂腎杯から尿管下端(腎臓から膀胱手前までの尿の通り道)までに発生する上部尿路の悪性腫瘍で、その組織型のほとんどは尿路上皮癌です。 自覚症状として最も多いのは肉眼的血尿ですが、多くが無症候性(症状がでない状態)です。側腹部痛や、他疾患のエコーやCTで水腎症が見つかり自覚症状なく偶然発見されることもあります。

検査の方法

造影剤を使用したCTや排泄性尿路造影(DIP)・逆行性腎盂造影(RP)などを行い、尿路に腫瘍を疑う病変がないかを検査します。腫瘍が疑わしい部分を認めれば、確定診断のために尿管鏡検査(尿道からカメラをいれて尿管の観察をします)による腫瘍生検を行います。腫瘍生検は全身麻酔が必要な検査となりますので入院が必要です。尿路悪性腫瘍が明らかな場合は生検検査を省略する場合もあります。 確定診断後、胸部CTや骨シンチを追加し、転移の有無の検索を行います。

治療の方法

限局癌(転移がない癌)の場合、腫瘍の切除を行います。切除手術は患側の腎臓および尿管を全摘出します。身体的負担を減少させるため、基本的に腹腔鏡手術で行います。 既に転移のある場合は、全身化学療法(ゲムシタビン・シスプラチン併用)や、それも無効な場合は免疫チェックポイント阻害剤(キイトルーダ)を使用したりします。

午前9:00~12:30
午後13:30~17:30
休診日日曜・祝日、年末年始
住所福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-2-1

お問い合わせ 092-962-2111

アクセス

お車でご来院の場合
国道3号線「新宮太郎丸交差点」(中村家具新宮店の前)を西に約600m
公共交通機関をご利用の場合
JR鹿児島本線「新宮中央駅」より約300m(徒歩4分)