トップ
来院・入院の方へ
病院について
病気と治療
自己診断チェック
診療時間
アクセス
採用情報
サイトマップ
Facebook

092-962-2111

病気と治療について

加野病院の診療についての紹介です。

ボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法

局所麻酔や仙骨麻酔を行い、膀胱鏡というカメラを尿道から挿入し、膀胱の筋肉にボツリヌス毒素を注射します。 これにより膀胱の筋緊張が緩和され、頻尿や尿失禁などの症状が軽減されることが期待できます。効果は数日程度で現れ、過活動膀胱では通常4〜8か月、 神経因性膀胱では通常8〜11か月持続します。効果は徐々に落ちてくるため、症状が再発した場合は繰り返し治療をします。

午前9:00~12:30
午後13:30~17:30
休診日日曜・祝日、年末年始
住所福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-2-1

お問い合わせ 092-962-2111

アクセス

お車でご来院の場合
国道3号線「新宮太郎丸交差点」(中村家具新宮店の前)を西に約600m
公共交通機関をご利用の場合
JR鹿児島本線「新宮中央駅」より約300m(徒歩4分)