トップ
来院・入院の方へ
病院について
病気と治療
自己診断チェック
診療時間
アクセス
採用情報
サイトマップ
Facebook

092-962-2111

病気と治療について

加野病院の診療についての紹介です。

前立腺癌

どんな病気?

前立腺癌は精液を分泌する細胞から発生する癌で多くは50歳以上の男性におこります。

検査の方法

前立腺癌の疑いがあるかはPSA検診が大切です。PSA検査は、採血のみの検査で、血液中にある前立腺に特異的なタンパク質の一種「PSA」の値を測定します。スクリーニング検査のなかで、もっとも精度が高く、簡単に受けることができます。PSAは癌以外のものにも反応して数値が上がることもありますが、PSA検診が癌の死亡率を下げることは証明されています。癌が疑われたら前立腺に針を刺して組織検査で確定します。癌であると確定した場合は組織からその悪性度を、また画像検査等から広がりを調べてリスク分類(病状評価)をして治療法を決めていきます。

治療の方法

前立腺癌は稀な場合を除いてとてもゆっくり進行し転移のない段階でみつかれば治療法を考える時間は比較的十分あります。また前立腺は奥まった場所にあるため前立腺内のどこにどのくらいの癌細胞があるかは推測するしかなく前立腺全体の治療が必要です。治療法は癌細胞を取り除くことを目的とする手術療法、完全に死滅させることを目的とする放射線治療、進行を抑える薬物療法等、安全で効果的なものがあります。その選択にあたっては、前立腺癌の性質を理解し、自分のリスク分類と照らし合わせさらに体力・健康状態、年齢、人生観や価値観をも加味し焦らず医師と相談検討することが大切です。

午前9:00~12:30
午後13:30~17:30
休診日日曜・祝日、年末年始
住所福岡県糟屋郡新宮町中央駅前1-2-1

お問い合わせ 092-962-2111

アクセス

お車でご来院の場合
国道3号線「新宮太郎丸交差点」(中村家具新宮店の前)を西に約600m
公共交通機関をご利用の場合
JR鹿児島本線「新宮中央駅」より約300m(徒歩4分)